早く転職したいからといって、無理して医師転職をおこなっても、結局はまた新しい勤務先を探すことになりかねません。満足のいく医師転職をおこなうことで、同じ勤務先で長く安心して働ける、そんな環境を手に入れましょう。

希望は最初に伝えて医師転職

ドクターとして医師転職をした時、最初に提示されている条件に承諾してしまうと、仕事をしてから条件を変更してほしいということはなかなか難しい場合があります。

ですので、医師転職において希望がある場合には、業務を開始するまでに細かい条件を調整しておく様にしたいですね。

仕事をする様になってから交渉するというのは、周囲のドクターの事や、職場の人間関係の事もあり、交渉しにくくなってしまう場合もあります。転職するタイミングであれば、求人サイトのコンサルタントなどを通して間接的に交渉するという事もできるでしょう。

できれば、与えられた条件に納得した状態で仕事をする様にしたいですね。

医師転職のニーズについて

医師の転職のニーズについては、高まる傾向にあるでしょう。最近の医療業界においては医局の力が弱まるようになりましたので、そのことで医師転職を積極的に進められる人も増えていることがあげられます。

医師転職についての理由は実にさまざまであります。給与や勤務契約などの条件面や、職場環境、スキルアップ、開業準備など、あげればきりがないでしょう。

医師については特別な能力を持っている専門家になりますので、せっかくの能力を活かせる職場で働けることが一番でしょう。さまざまなところで医師の転職について対応されていますので、数多くのチャンスがあるでしょう。

医師転職はした方がいいの?

医師転職をした方がいいのか、しない方がいいのかその正解はだれにも導くことができません。なぜならそれがいいか悪いかは自分がどう思うのかというところに大きく影響しているからです。

まずもし人間関係に悩んでいるようなら、いさぎよく医師転職してしまうのもいいと思います。人間関係が人に与えるストレスの大きさは自分が思っているよりも大きいです。無理して、我慢して働かなければならないような状況になってしまうのでしたら、いっそ新しい所で頑張ってみませんか?

今まで働いていた所でもうまくやっていけなかったのに、新しい所でなんてとうてい働くことができないなんてことを考えていてはもったいないです。

自治体病院への医師転職

医師転職は多くの専門サイトで求人がありますが、自治体の病院を専門に取り扱うサイトがあります。求人登録のない自治体の病院であっても、希望があれば紹介しています。

希望の条件を本人に代わって交渉や調整を行います。退職年齢が70歳以上の求人であるとか、スキルアップの為の、臨床研修病院の求人もあります。医療の中核を担うのが自治体であるといえます。

地域の医療水準の向上に努め、特殊医療や、救急医療にも取り組んでいます。医局のなかでなく、知らない土地で働いてみたいという医師もいます。公立の病院の方がより安心感があると思う方もいます。

友達や知り合いに医師転職を紹介してもらおう

医師転職を進めていくのであれば、知人や友人の紹介を受けるのが一番手っ取り早いです。

自分で求人を探さなくても、友達がもってきてくれるので自ら探す手間を省くことができます。また普段からこういった話をする中なのであれば自分がどういった仕事を探しているのかもよくわかってくれているので、条件も最初から搾りこまれている所が多いです。

また全く知らない病院を受けるよりも通りやすくなるのも事実です。そういったことがあるため、もし将来的に今勤めている病院から外にどんどん出ていきたいと思っているのであれば、最初から顔見知りや知人を沢山作っておくといいでしょう。

医師転職の関連記事