早く転職したいからといって、無理して医師転職をおこなっても、結局はまた新しい勤務先を探すことになりかねません。満足のいく医師転職をおこなうことで、同じ勤務先で長く安心して働ける、そんな環境を手に入れましょう。

マイクロスコープと顕微鏡の違い

マイクロスコープというと、実験や歯科医院で聞くことが多いでしょう。本来は光学顕微鏡というものであり、観察をする範囲が通上の顕微鏡と異なり、100倍位以上までの大きさで観察の目的を捉えることができます。

小学生や中学生が理科の実験などで体験する顕微鏡は実体顕微鏡と呼ばれ、実際に自分たちの眼で見て観察しますが、マイクロスコープは実際に肉眼で見ることのできないものを、レンズを通して見て、モニターなどの画面に表示させることで観察します。

自分だけでなく、複数の人間が一度にその観察対象を見ることができますし、いろいろな場面に応用できる技術です。

特徴的なマイクロスコープの存在

医療や科学の現場において幅広く取り入れられているマイクロスコープは、顕微鏡と比較されがちな装置でありながらも、その特徴は全く異なるものでもあります。

最大の要素として、モニター画面に観察物を映しながら使用できるため、複数人での情報共有や同時使用が必要とされる場合においても便利です。また、持ち運びが可能なハンディタイプのカメラが備え付けられていることによって、大きさや形状を問わず、どのような観察物に対しても使用することができます。

あらゆる特徴点を最大に活かして、細やかな観察や研究を進めることが可能となっています。

マイクロスコープを海外へ販売したい

日本の精密機械は海外にもとても人気があります。ではマイクロスコープを海外に販売するためにはどういった手続きが必要なのでしょうか?

まずは当然販売先と契約をしなければなりません。次に価格決めです。ほとんどの場合はドルで見積書を提出します。(ユーロや元を使用する所もありますが、そこは会社に合わせます)また同時に海外に輸出するためには通関が必要なのですが、通関手続きは素人の人ではほぼできません。

代理ですべての手配を行ってくれる通関業者さんとも契約を結びましょう。会社の大事な製品、情報をやり取りする相手になりますので、しっかり見極めて信頼のできる業者さんを見つけてくださいね。

マイクロスコープで自分の頭皮チェック

頭を洗ってもかゆみが残る、抜け毛が激しい、髪が細くなり毛根も弱っている気がするなど頭皮についてお悩みの方はいると思いますが、深刻な問題にならない限り皮膚科などの専門医療機関には行きませんよね。そんなとき自宅で簡単に、頭皮のチェックができるマイクロスコープがおすすめです。

テレビやiPad、パソコンなどモニターがある機器につないで、自分の頭皮が確認できるのです。シャンプー前後での変化や、朝夕での変化などを確認することで、頭皮の洗い方を変えてみる、皮脂が多い時期を知るためなど、多くの発見ができ、改善ができます。

マイクロスコープと医療の関連記事